耳がツーンとしたら!

 飛行機に乗った時や、高層ビルのエレベーターに乗った時に耳がツーンとすることはありませんか?

これは、耳の内と外で気圧差が生じ、気圧が低い方に鼓膜が引っ張られるからです。

 

 その場合の解決策としては・・・

    ☆鼻と口を閉じて息を吐く動作をする。

    ☆唾を飲んだり、顎を動かす。

 

 これらは、耳と口をつなぐ耳管という管を開くための動作です。

 

 耳管は普段閉じていますが、これらの動作をすると耳の内外の気圧差が解消されて、

耳の不快感がなくなります。

 鼻と口を閉じて息を吐くやり方は、子供がやると加減がわからず耳を傷めてしまうことがありますで、 

飴をなめたりして、顎を動かす動作をお勧めします。

 

 

 耳は音を聞くほか、平行感覚のバランスをとる

器官です。

 飛行機に乗った時や、高層エレベーターに乗って耳がツーンとした時だけではなく、

耳に関するいろいろな症状の時も、耳の反射区をしっかり揉むことをお勧めします。